上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
デジスコを時々しか、使用しないので値があるうちに、オークションで手放しました
通常 300−600mmで十分ですが 時にもう少しデジスコのように
3000mm位欲しくなります 何かいい方法がないか検討です

そこでオークションで一眼を入手 本来は本体ボディーだけで良いのですが
あいにく その時は、白などカラーボディです 迷彩テープで貼ることも考えましたが
レンズ付きで安く落札できました  立派な一眼です 携帯を横に置いてます
上手く使用できなければ即ヤフオクです
Qtest00007.jpg

EOSKissとの比較です コンデジと同じ位の大きさです
Qtest00006.jpg

EOSレンズ用のマウントを入手
Qtest00005.jpg

早速300に取付け
Qtest00004.jpg

全体像
Qtest00003.jpg

300mmのEFレンズ取り付け 画像サイズなどの条件をPENTAXに合わせてあります
Qtest00001.jpg

本体を交換 テスト撮影です 約5.5倍当然ですがMFです
少しピント甘いようですが、慣れでしょう 計算上1650mm
Qtest00002.jpg

まあまあ、画像として使い物になりそうです ヤマセミが楽しみ
スポンサーサイト
2016.06.29 / Top↑
=====  2016年1月 最初の作業です  ===== 
昨年車検が済みましたがオイル交換はまだでした   交換作業です

MINI160105.jpg
今回、教えて頂いた強化ATオイルフィルターケースを使用します、ちと高いですが
オイルが少しづつ漏れなければ良しでしょう 左側から2番目黒いケースです
又、今回からコスモオイルを使用してみます


MINI160106.jpg
廃油ポイ  結構汚れてます


MINI160107.jpg
オイルフィルターも交換です


MINI160108.jpg
フィルター取り付けの為のパーツです


MINI160109.jpg
オイルフィルター 取り付け完了   コスモオイルを6.5L入れました
10分ほどエンジンかけてテストしましたが 現状まったくオイルが
出てこないようです  1週間したら取付ボルトを増し締めして
要確認とのこと らしいです   1週間位したら確認しましょう




2016.01.20 / Top↑
DSCN1111148.jpg
車検から愛車が戻ってきました やはり古い車なので、点検箇所及び修理が多いです
2年間楽しめそうです

DSCN1111158.jpg
休みを利用してスタッドレスタイヤに交換作業

DSCN1111155.jpg
ミニの場合締め付けは必ずトルクレンチを使用、馬鹿力でしめるとボルトがひきちぎれます

DSCN1111151.jpg
車検証と貼り付けシールも届いたので貼り付けました  ひと安心

今年の作業も今日で終わりです 来年もよろしくで~す

2015.12.23 / Top↑
10月の作業はカメラ機材です

sankyaku01.jpg
シナモン専用の古い三脚です ちょっと工作してみました


sankyaku02.jpg
パーツはこれだけ 全てです  変換ダブルネジアダプタが使えたので作業は楽です
黒のチューブは使用しませんでした


sankyaku03.jpg
アダプタの内側を少しヤスリで削ります


sankyaku04.jpg
4mmのパイプ(スペーサー)を打ち込みました


sankyaku05.jpg
シリコンゴムチューブを適当にカットして追加しました これでチャラチャラしません


sankyaku06.jpg
センターポールに取付 完成


sankyaku07.jpg
これで転倒防止用に リュック等つればOKです


sankyaku09.jpg
少し前に センベイ使用中の1脚が壊れました 物色中にAmazonベストセラー1位を
見つけました お安いです しかも送料無料 早速購入 ちょっと心配ですが
ただし ロゴが気に入りません 何とかせねば?


sankyaku08.jpg
スポンジパイプを見つけましたので 分解します


sankyaku10.jpg
簡単にビスが見つかりました 


sankyaku11.jpg
位置を決めて 両面テープを巻いておきます


sankyaku12.jpg
スポンジパイプを差し込んでから 両面テープを取ります


sankyaku13.jpg
完成  ごつい感じがしますが ロゴが消せましたので良しとしましょう


sankyaku14.jpg
一脚用雲台を取付 早速シナモンに迷彩カバーを依頼しました  完成
冬鳥の撮影で ベストセラー1位かどうか わかるでしょう!



2015.10.21 / Top↑
8月の終わり頃、ミニでエアコンをつけることは少ないが 暑いので使用中 突然
メーターパネルの奥でガチャガチャ音がして アイドリングの回転が3000位に
上昇 あわててエアコンのスイッチをオフへ その後 動作確認してもエアコン動作しない

エアコンの事は分からないのでネットで調べる どうもその症状からサーモアンプ?が
どうやら不良のようです 交換すればOK 半田付けをすると治った等、色々出てきます
そのアンプはダッシュボードをはずさないと確認出来ない 只、慣れた人は左から
手を入れて作業が出来るそうでです  未だ暑いので作業は涼しくなるまでやめよう

9月の休み雨雨  雨ばっか   パネルを外すつもりで やるか
mini090908.jpg

ここから手を入れます グローブBOXの下あたり 多分これだろう
でもネジ止めか? 無理矢理やってみます あっー 取れました
mini090905.jpg

これがA/Cサーモアンプ ダメもとで 再半田付け 挑戦しましょう
mini090901.jpg

ケースを割りました
mini090902.jpg

万力で固定して 注意して半田をしました
mini090903.jpg

適当なプラスチック?の板をホットボンドで固定 余分なバリをカッターで整えます
mini090904.jpg

内部に入れてコネクターを接続 手が太すぎるのでシナモンにやってもらいました
mini090906.jpg

このユニットがあったケース(枠)にセットしました 
mini090907.jpg


テストしました スイッチをオンにすると カチャンでコンプレッサーが動作します
エンジン オフ オン エアコンオン良さそうです   さむー ギンギンに効きます

パーツが不良ではなく 製造過程のハンダが悪いのでしょう 良くあるパターン
でも 10K程助かりました  来年の夏も 動作しろよ!
2015.09.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。