上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ニコンP300にカメラ変更してから不満なのが 純正のアダプタを使用したことによって
レリーズが上からになってしまった 移動用のケースにしまう場合も必ずレリーズを
取らなくてはならない 当然使用するときはレリーズを取付を行う めんどくさ!

やはり レリーズはシーソー式が良い   (ぶれも少ない様な)
P5100に使用していた自作マウントを利用して再度製作することに決めた 切断
丁度GOODなホームページが有り参考にさせて頂いた 

p300n0221.jpg


ズームレバーを後ろ側にするためにアルミ板で加工して取り付け
シーソーは以前のを利用 金具などは2mmのアルミ板にて製作 2mmは加工が大変

p300n0231.jpg


少し寸法を間違えましたが再度作りたくない  このままで仕上げを?  ズーム用
  
   自分では後ろ側にする発想が浮かんでこなかった  う~ん 凄いな!

p300n0215.jpg


レリーズも仮組み立てしました

p300n0238.jpg


良い感じです シーソー部分はベアリングを計3個使用しております

p300n0228.jpg


軽く黒のスプレーで塗装しました   上部は照準器取り付け用です

p300n0246.jpg


折角 手直ししてますので ステップアップリングを加工しました きったねえ~
(参考にさせて頂いた方は非常に綺麗に加工して有りました)

p300n0236.jpg


両面テープ取り付けとのことですが SENBEIは接着剤で取り付け
 
p300n0237.jpg


KOWAの純正に戻して保護リング6枚ほどで接続してあります レリーズのシーソーユニットは
強力両面接着テープで貼りました 問題無さそうです

p300n0257.jpg


照準器は単独で取り付けが出来るようになったので スコープ上にも簡易照準器を作成
普段は取付のまま専用移動ケースに入れますが この照準器を取り付けなくとも
デジスコが使用可能となったのでリュックにも簡単にいれれます
これで探鳥時には一眼とデジスコも楽に一緒に持って行けるようになりました 

p300n0263.jpg

機材を点検 整備 冬鳥のシーズンが待ち遠しい~~



スポンサーサイト
2013.10.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。